認印を作る時の注意点

みなさんの持っている印鑑、どこで買いましたか?そもそも買わずに作ってもらいましたか?

印鑑というものは珍しく、自分で注文して作ってもらうものが市場の多くを占めています。

百貨店や小売店で売られているものもありますが、長年持ち歩くものなので愛着を求めてこだわる人も多いです。

まして会社などはそもそも社名が彫られた印鑑が前もって売られていることなどまずなく、故に製作注文しか道がなくなってきます。

しかし印鑑というのは言ってしまえば個人の証明。そんな信用も築けていない人を相手に大切な印鑑のことを任せてしまってもよいのでしょうか。

では印鑑の個人製作を注文するときの注意点を紹介していきましょう。

認印を注文する場合の注意点

そもそも認印とは印鑑の中ではそこまで高い効力を持ちません。

故にこんなことを言ってしまうのも良くはないのですが、そこまで特別何かを考えて注文する必要はありません。

ただしもちろんあまりにも度が過ぎたおかしさを持つものは印鑑としてどうなのか、という話になってきますし、常識の範囲内で注文すれば大丈夫です。

しかも会社のものであったりするならば、それはしっかりしていないといけないですし、ある程度抑えておく常識と呼べるようなポイントを紹介していきましょう。

最低限守るべき認印のルール

わかりやすく読みやすい書体で

軽い用事でしか活躍することがないのも確かですが、だからといって遊び心を入れすぎてしまったりして読みにくくなってしまっては元も子もありません。

認印として作った印鑑を実印や銀行印にしてしまうのはNG

認印はあくまでも認印としての用途を想定して作られているので、他の印鑑の用途にはあまり適しません。

もし実印などがほしくなったのならばその場合は実印を別で注文しましょう。

あと、個人の印鑑であるならもちろんタテ書き、名字のみにしましょうね。

シンプルであることは長く使って、愛着が沸く秘訣でもあります。

おすすめの印鑑ショップ


高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印専門店INKANS.COM
ネット通販でオリジナル印鑑実印をご提供致します。

10年保証や即日配送可能など充実したサービが売りで、印鑑の種類も豊富に取り揃えられている印鑑ショップです。