会社で使う認印の選び方

就職祝いのギフトにもある会社認印ですが、会社認印を選ぶときは何を基準に選んでいますか。

適当に選んでいる人もいれば、色や形、文字にこだわっている人もいます。

特に両者共にこの考えは間違えではありませんが、そもそも、会社認印はどのように使う物でしょうか。

今回は会社認印の種類、目的についてまとめてみましたので、会社認印を選ぶ際に役立てて下さい。

種類

会社認印の種類には大きく分けて2つあり、認印・会社印(角印)、職印・役職印・会社実印があります。

それぞれ用途が違いますので、使い分ける必要があります。

まず一般的な認印・会社印(角印)についてですが、この印は一般事務に関わる捺印に使う物です。

印鑑登録や金融機関の登録をしていない日常で使用出来る印鑑を言います。

登録している印鑑でも問題はないのですが一般的に使用する印鑑と一緒に扱うと紛失・盗難のリスクが高くなりいざという時に困ることになりますので、使い分けをすることをお勧めします。

職印はある職に就いている者が使用するものです。

「○○士」という名称の専門資格職業に就いている一部は、それらの根拠や法令において職印を作成して登録するように定められています。

役職印・会社実印は個人の実印と区別するため2重の枠にして、外側に会社名・内側に役職名などの文字を入れます。

会社実印についても法務局に定款とともに提出する印鑑です。

目的

認印・会社印(角印)を押す目的は書類の内容や事柄について「申請・承認しました」ということを表します。

そのため一般の社会人が多く使用するのがこの印となります。

職印・役職印・会社実印は法人や個人事業の認め印としての使用が可能となります。

役職によっては、大切なご契約の際に使用します。

特定の役職に就いていないと使用できない印ですので、会社責任が発生するような印です。

書体

認印の書体には一般的には篆書体・吉相体・古印体が使用されています。

書体の種類は他にも色々とあり、隷書体、楷書体、行書体、草書体、八方篆書体・八方崩し、印相体、金文があります。

使われる文字と組み合わせることで味のある認印となります。

もしも特定の役職についていないのであれば、会社で使用する認印は、お金をかけず文具店等で売っている認印で十分となります。

贈り物や今後一生の物と考えるのであれば、印鑑専門店に相談しそこで自分の納得のいく物を選ぶのが良いと思います。

おすすめの印鑑ショップ


高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印専門店INKANS.COM
ネット通販でオリジナル印鑑実印をご提供致します。

10年保証や即日配送可能など充実したサービが売りで、印鑑の種類も豊富に取り揃えられている印鑑ショップです。