手作りの印鑑なら偽造は難しい

印鑑というのは、個人の証明の意味も含んでいます。だからこそ、印鑑というものは間違っても偽造されてはならないものです。

しかし、印鑑というものは不用心であれば、簡単にその気になれば偽造できてしまうのです。

他の個人証明ができるようなもの、例えば保険証やパスポート等と比べると、このセキュリティ性の低さはよくないです、あってはなりません。

印鑑の偽造といのは、「印章偽造の罪」という法律によって規定されているくらいで、その行為を行ってしまえば罪に問われます。

ですが、犯罪者というのはいつの世にも存在するものです。

ですから、この記事で是非、どんな印鑑なら偽造されにくいのか、セキュリティ性が高いのか、知っていってください。

印鑑のそれぞれのセキュリティの度合い

印鑑には手作りのもの、機械によりつくられるものと二通り存在します。

また、入手法にも既存のものを購入する場合と、自ら製作を注文する場合とこれまた二通り存在します。

手作りのものを発注するものがよりセキュリティ性が高く、機械製作で市販のものほどセキュリティ性が低い傾向があります。

特に、チェーン店で売られているような印鑑は偽造しようと思えば簡単に偽造できてしまいます。

認印として、荷物受け取り等の軽い用事に使うのには安価な印鑑は適しますが、それらの印鑑を実印として使ったり、銀行印として使うのはオススメしません。

そもそも安価な印鑑はそのコストの低さ故に材質も良くないものが多く、年月による劣化で印鑑の面そのものが変化してしまう恐れもあります。

耐久性も低く、簡単に欠けてしまったりします。

よって、相応の金額を掛けて、手作りの印鑑を依頼するのがより良いと言えるでしょう。

手作り印鑑の良さ

技術の発展とともに手作り印鑑市場も発達してきています。

最近は、印鑑の文字を彫る他に背景や小さな模様を彫ることで複製を難しくする技術も存在します。

これにより完璧な印鑑の再現は難しくなり、偽造される心配が格段に減ります。

大切な印鑑はしっかりとしたものを選びましょうね。

おすすめの印鑑ショップ


高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印専門店INKANS.COM
ネット通販でオリジナル印鑑実印をご提供致します。

10年保証や即日配送可能など充実したサービが売りで、印鑑の種類も豊富に取り揃えられている印鑑ショップです。