印鑑ケースで大切に保管

印鑑ってどうやって保管していますか?

いい印鑑を買った、実印が丸裸で保管してある、そんな場合、印鑑ケースの使用をおすすめします。

印鑑ケースとは

印鑑ケースとはつまり名の通り印鑑をしまう容器のことです。

印鑑ケースを見たことがない、という人はまずいないでしょう。

さて、みなさんはどんな印鑑ケーシを思い浮かべましたか。

きっと黒くて、茶目っ気もなくどちらかといえば素朴な感じのアレでしょう。

しかし今回紹介したいのはそんな印鑑ケースではありません。

世界は広いです、格好よくて、綺麗で、可憐で、そんな印鑑ケースが溢れんばかりに存在しています。

印鑑ケースを使用するメリット

印鑑をぞんざいに使っている人は結構います。裸のまま持ち運んでいたり。

しかし、印鑑というのは唯一無二、形状が変わってしまってはその意味を持ちません。

だからもしも丸裸で持ち運んでいて欠けてしまったら?

それはもう当然に印鑑としては使用できません。あなたがあなたであると証明するための印鑑はその役目を持たなくなってしまいます。

印鑑は言うまでもなく、火を見るより明らかに大切にすべきものなのです。

だからこそ、印鑑を大切に丁寧に保管することは至極理に適っていて当然のことなのです。

印鑑ケースの選び方

ではどういった基準で印鑑ケースを選べばいいのか。

デザイン重視で気に入ったものを使う、といのもそれはそれで全然良いのですが、より印鑑を大切に長持ちさせるための選び方も紹介します。

まず、印鑑ケースを選ぶ上で意外と懸念すべきものが朱肉です。

印鑑ケースに付いている朱肉といのは使わないほうがいいのです。

それはなぜか、一般的な朱肉とケースの朱肉を比べてみてください、違いはどこでしょう。

それは区切りです。ケースの朱肉は狭いです、印鑑がなんとか入る程度の穴しか空いてません。

ですから、その朱肉を使う際にぶつけてしまって印鑑が欠けてしまう、というのは意外とよくある話なのです。

あと、サイズはきちんと確認しておいてくださいね。

ケースを買ってみたら印鑑が入らない、もしくは入らないなんてシャレになりませんから。

おすすめの印鑑ショップ


高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印専門店INKANS.COM
ネット通販でオリジナル印鑑実印をご提供致します。

10年保証や即日配送可能など充実したサービが売りで、印鑑の種類も豊富に取り揃えられている印鑑ショップです。