認印と三文判の違い

印鑑には種類がたくさんあります。認印、三文判、シャチハタ印など。

それぞれに厳密な規定が存在し、それぞれ用途が決まっています。

それを知らずに使っていると、後々大きな問題になってしまうことも。

ですから今回はそんな間違いが起きないために、まず「認印」と「三文判」の違いを紹介ましょう。

三文判とは?

語源は「三文ほどで買えるお手軽な印鑑」であり、スーパー、100円均一ショップ等で売られていて、お手軽に手に入る種類の印鑑がこれに該当します。

しかし、俗に呼ばれる「シャチハタ印」とは厳密に違いが存在します。

それは、「朱肉が必要かそうでないか」です。シャチハタ印とは違い、三文判は朱肉を必要とします。

認印とは?

認印、この言葉ははんこそのものを指す言葉ではなく、「はんこの状態」を表す言葉だと思ってもらったほうがわかりやすいかもしれません。

認印と同じグループに存在する言葉として実印という言葉があります。

この二つの言葉は似ているようで意味が大きく異なります。実印とは、判子の中でもっとも稀少です。

あなたの分の判子は世界に一つしか存在しません、というか存在させることができません。

というのも、実印というのは市町村で登録してある個人のたったひとつの判子のことを指すからです。

それ故に持つ力も強く、署名関係の判子はこの判子で通らないものはありません。

これに対し認印というのは荷物の受け取り、書類に対する署名など小さなものにのみ効力を持つ判子を指します。

三文判と認印の違い

では三文判は「実印」「認印」どちらに属するでしょうか。答えは「どちらにもなりえる」です。

三文判とは前述の通り、どこでも売られている安価な判子です。

ですから、確かに買ってそのままの状態では認印としての効力しか持ちません。

しかし、この三文判は市役所で手続きを踏むことで実印になることもできます。

シャチハタ印はそんなことはできませんので認印でしかありませんが、三文判は望めば実印にもなりえるのです。

おすすめの印鑑ショップ


高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印専門店INKANS.COM
ネット通販でオリジナル印鑑実印をご提供致します。

10年保証や即日配送可能など充実したサービが売りで、印鑑の種類も豊富に取り揃えられている印鑑ショップです。