会社の印鑑に適した素材

会社認印を新しくしたいけど、印鑑の材質は豊富にあり購入に困ったことはありませんか。

また会社認印には実印・銀行印・役職印・角印と種類がありそれぞれに適したハンコを決めるのも大変な作業となります。

殆どの方はどのようなものが良いのか全く分からないと思います。

そこで、豊富にある印鑑の素材に関する紹介をしたいと思います。

木材系の会社認印素材

会社認印の素材は昔から取り扱われている素材は木材系です。

木材系は会社印としてよく活用されていますので、良く分からない人が新規購入をしても間違えない物です。

主に木材は薩摩本柘、アカネ、黒檀、紫檀、白檀、アグニ、彩樺等といったものが代表的です。

この中で柘は木材の中では密度がとても高く繊維が緻密で、繊細な彫刻に適しています。

薩摩本柘は価格的にも高くなくスタンダードなもので木のぬくもりが感じられるため、皆様が良く購入している物と思います。

角系の会社認印素材

高級感溢れる角系の印材です。使用されている角はオランダ水牛、黒水牛、象牙といったものが代表的です。

象牙は名前くらいは聞いたことがあるかと思いますが、一般の方でもよく知られている高級な素材です。

希少価値もとても高く、見た目も美しく、使えば使うほど光沢が出るので持っていると一目置かれるというものです。

ちょっとした所持品から質を高めていきたいという方にオススメといえます。

他には象牙よりはランクは落ちますが黒水牛やオランダ水牛も高級感があり、また耐久性も高いことから人気となっています。

結論から言えば各会社認印に適したハンコは使用者のイメージが重要となります。

現代ではチタンといった金属系の素材で会社印を使用しているところもあります。

印鑑を選ぶ重要なことは、何より自分のイメージに合わせた未来や今後どのように会社認印を使用したいかということを考えて素材を選ぶ事が重要になると思います。

またどの素材を選んでも、使用後は朱肉をしっかり落とし欠けないように大事に扱えば一生重宝されます。

おすすめの印鑑ショップ


高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印専門店INKANS.COM
ネット通販でオリジナル印鑑実印をご提供致します。

10年保証や即日配送可能など充実したサービが売りで、印鑑の種類も豊富に取り揃えられている印鑑ショップです。