会社の認印に適した書体

私たちが普段、会社で目にしている会社認印に使用されている書体には色々とあります。

会社認印を購入時に書体を考慮した人もいると思います。

またオーダーメイドで作成する場合、書体によって雰囲気も全然変わります。

ではどのような書体があり、また会社認印に適した書体は何が良いのでしょうか。

書体の種類

一般的に使用される書体には以下のようなものがあります。

  • 篆書体
  • 隷書体
  • 楷書体
  • 行書体
  • 古印体
  • 印相体
  • 吉相体

その他、認印には適していませんがハンコ作成の注文により八方篆書体・八方崩し/草書体/金文/甲骨文字/江戸文字/明朝体/ゴシック体など様々な書体を用いた印章が使われます。

適した書体

現状、それぞれに適した書体は以下となっています。

篆書体は古代中国から漢字の書体の一種として使われ続けている古代文字で、実用印、個人の実印、法人の実印、銀行印としてよく使われます。

隷書体は見た目読み取れやすいですが個人印での使用は少なく、法人印での使用が多いです。

楷書体は基本的な漢字形で一般的に馴染み深いので読み取れやすく、認印のほかにインキ浸透印に多く使われます。

行書体は読み取りずらいですが、柔らかい書体のため女性に好まれ、特に認印に使われることが多いです。

古印体は隷書体が丸みを帯びたようなイメージで日本独自の書体で古風な見た目ながら、取れやすさは比較的高いです。

そのため銀行印や認印など、様々なところで幅広く使われています。

印章用の書体の印相体・吉相体は篆書体から意匠化・派生したものと言われています。

枠に文字が接っしているのが特徴です。見た目にも風格があり偽造されにくい特徴がある事から個人の実印に多く用いられています。

会社認印は各役職ごとに認印を持っておくと便利とされています。

書体は色々選ぶことが出来、個人の自由ですが、会社認印は個性の強いものはなるべく控えた方がよさそうです。

姓と書体の組み合わせによっては読みずらくなってしまう物やバランスが悪くなってしまう物があります。

オーダーメイドで作成する場合は、一生物になる可能性もありますので、慎重に書体は決めたいところです。

おすすめの印鑑ショップ


高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印専門店INKANS.COM
ネット通販でオリジナル印鑑実印をご提供致します。

10年保証や即日配送可能など充実したサービが売りで、印鑑の種類も豊富に取り揃えられている印鑑ショップです。