一般の会社における印鑑の種類

印鑑って色々種類がありますよね。みなさんはどれがどんな意味を持ってそれぞれ存在しているのか知っていますか?

これを知っていると印鑑によって起こるトラブルを未然に防ぐことができます。

では特に、会社の印鑑に焦点を当ててその種類を見ていきましょう。

一番の効力を持つ印鑑、実印

これは個人の印鑑にも言えることですが、実印というのは印鑑の中で一番効力を持ち、これで対処できない署名案件はないと言ってもよいほどです。

では実印とはどうやったら手に入るのか。

役所や法務局へ申し出て、特定の印鑑を提出して実印にしてほしい、と申し出るとその印鑑が実印となります。(ただしひとつのみ)

つまり実印とは印鑑の形状やデザインを表すものではなく、印鑑の状態を表しているのです。

例えるならば保険証や免許証などのようなもので、個人の証明によってその効力が発揮されます。

会社でよく言われる代表者印も実印です。

踏み込んだこと話せば、会社の実印はその規定故に会社創設時に問答無用で作らされます。

銀行印

銀行印は名の通り銀行での使用が用途のメインです。銀行でその印鑑を登録します。

実印と同じでイメージで言えば、任意の印鑑を銀行印に変えてしまう、といった感じです。

銀行印は口座開設、預金などのために必要な印鑑です。また、会社に限ったことを言えば、銀行印は手形や小切手を振り出すときにも使われます。

認印

認印とは銀行印や実印などのようにどんな登録もされていない印鑑を指します。

故にその効力も低いので、使われる場面は少なく、荷物の受け取りや簡単な金銭のやり取りや、会社の出席簿などの軽めの場面のみです。

しかしこの認印のメリットは他にちゃんとあり、ズバリそれは携帯性の高さです。

他の印鑑はその効力故に間違えても紛失することはできないので中々携帯には向きません。

しかし、この認印は効力がそれほど高くないが故に紛失を恐れることなく携帯することができるのです。

おすすめの印鑑ショップ


高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印専門店INKANS.COM
ネット通販でオリジナル印鑑実印をご提供致します。

10年保証や即日配送可能など充実したサービが売りで、印鑑の種類も豊富に取り揃えられている印鑑ショップです。