認印とは?

皆様は会社で会社認印を使用していますか。使用していますかという質問は愚問ですね。

社会人であれば会社入社時等に一度は会社認印を使用した事があると思います。

まだ社会人ではないという方も、人生において出生届けから死亡届け提出までの間にどこかで意識なく認印を使用しているのではないかと思います。

この深く考えることなく使用している認印ですが、一体どのようなものなのでしょうか。

認印と実印について

まず認印とは印鑑登録をしていないハンコの事です。

よくお店に○○印用として販売されていますが、これはあくまでも目安で、そのハンコをどう使うかは本人次第ということです。

購入仕立てでどこにも登録をしなければ、認印として使用しても問題はありません。

印鑑登録とは自分がこれと決めたハンコを市区町村役場に届け出る事で、そのハンコが本当に自分のものだと証明する事が出来ます。

要するにハンコの指紋版のようなイメージで、一人一つしか登録が出来ません。

この印鑑登録をしたハンコが実印となり、この時点から法律的な効力を持つようになります。

印鑑登録をしたハンコでも認印として使用できますが、リスクが伴いますので気を付けた方が良いです。

どうゆうリスクがあるかと言うと、先にも説明しましたが実印は法的効力をもつ印鑑のため、本人を証明するものといっても過言ではありません。

そのため認印として使用していて万が一無くしたり、盗まれてしまうと悪用が出来てしまいます。

例えば不動産等とても大きな金額を動かす事が出来てしまうのです。

そのため、認印と実印は別々に管理することをお勧めします。

会社認印の使用契機

では一体、会社認印はどのような時に押すものでしょうか。

社会人であればご存知の事と思いますが、会社認印は印鑑証明のいらない書類作成や会社事務(金銭受取、各種申請書)等につかいます。

つまり、会社認印とは書類の内容や事柄について、自分が「承認しました」ということを表すために押します。

そのため会社認印といえども捺印すると責任が伴いますので注意が必要です。

認印と実印は一緒のハンコに出来るので一石二鳥と考えてしまいがちですが、認印と実印ではハンコを押す重みが異なりますので注意が必要です。

今現在、認印と実印は一緒としている人は早めに分けた方が良いと考えます。

おすすめの印鑑ショップ


高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印専門店INKANS.COM
ネット通販でオリジナル印鑑実印をご提供致します。

10年保証や即日配送可能など充実したサービが売りで、印鑑の種類も豊富に取り揃えられている印鑑ショップです。