会社における認印の役割

皆様は会社認印の役割を考えたことがありますでしょうか。

一般社員は会社認印の役割を特に気にしていないと思いますので、殆どの方は申し込みや受け取りなどの証明用として用いていると思います。

しかし、会社認印には代表者実印、社印(角印)、ゴム印、銀行印と大きく4種類に分けられ、それぞれ役割があるのです。

では会社認印の役割とはどういった物なのでしょうか。

ハンコの役割

代表者実印とは会社や団体の代表者の印鑑で法務局に定款とともに提出し届ける一番大切な印鑑です。

社印(角印)は実印よりも大きく、方型が多いようです。

会社における印鑑の中で一番、使用頻度が高い印鑑で、会社事務に使用される事が多いです。

ゴム印とは各種契約書の署名欄に直筆のサインの代わりに使用する印鑑です。

銀行印とは口座開設の際に銀行に届け出た印鑑の事です。

銀行印は金銭の受け渡しなど銀行口座を守る物なので、偽造されにくい印鑑を使用します。

役割分散

上記で述べたように会社認印にはそれぞれ役割があります。

会社における認印は最低でも一つが義務付けられていますので、結論として4種類持つ必要はありません。

この中で社印(角印)、ゴム印、銀行印を持つかどうかは会社側の自由となります。

しかし、代表者実印を銀行印としてしまうと当然のように一つの印鑑にリスクが集中してしまうため、紛失した時のダメージは大きいです。

そのためリスク低減のため分散して管理する事をお勧めします。

押印時の効果

契約書などの会社認印時は主に代表者実印や、社印を利用することが多いです。

この際、押印時の効果として代表者実印・社印は効力が変わることがないことに注意をしなければいけません。

双方が合意なら契約は成立するものなので、会社印鑑の効果は一緒ということになります。

ただし契約時に何かトラブルにあった場合は、その契約時の状況や印鑑の有効性を検証します。

この際、当然のように代表者実印で押されていた方が効果は高いという点を忘れてはいけません。

会社認印は契約時においてツールにすぎません。よってトラブルを少しでも減らすため双方が信頼し合意することが重要です。

おすすめの印鑑ショップ


高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印専門店INKANS.COM
ネット通販でオリジナル印鑑実印をご提供致します。

10年保証や即日配送可能など充実したサービが売りで、印鑑の種類も豊富に取り揃えられている印鑑ショップです。